すいーつ天国でスイーツに関する情報を学ぼう

世界中で人気のチーズケーキ

チーズケーキはとても人気のスイーツで世界中の人々に愛されています。発祥はギリシャであると言われており、最初はプリンのようなお菓子でした。それがチーズケーキの始まりでその後たくさんの国に伝えられましたが、日本では、外国人との味覚の違いからなかなか根付きませんでした。しかし徐々に受け入れられ、現在ではおやつの定番になりました。また、チーズケーキにもたくさんの種類が存在し、ベイクドやスフレ、レアなどが有名です。ベイクドはキツネ色になるまでしっかりと焼くという特徴があり、レアは火を通しません。スフレは日本発祥と言われており、湯煎焼きを用いています。外国人の間では『japanese cheese cake』と称される事が多いです。また、紅茶ととても相性がいいためティータイムに食べられることが多いです。これからもおやつになくてはならない存在であり続け、世界中のたくさんのパティシエによって作られるでしょう。

チーズケーキの種類とそれぞれの特徴

チーズケーキにはベイクド・スフレ・レアといった3種類があり、それぞれに異なる特徴や魅力があります。ベイクドタイプは日本語で焼くといった意味があり北米や欧米でのチーズケーキを指します。クリームチーズやマスカルポーネといった塩分の少なく柔らかい物を使用してオーブンで焼いている物となっています。保存がきく事が特徴となっていて焼きたてはフワフワとしていて時間を置くとしっとりとするといった違った食感を楽しむ事が可能となっています。スフレタイプではベイクドタイプの材料の生クリームを牛乳に変え湯銭をする事でさらにフワっとした感触となっています。日本発祥のチーズケーキとなっていてカロリーが他のタイプより低くヘルシーといった特徴があります。レアタイプはクッキー生地の上に生クリームとクリームチーズを混ぜて冷やしたケーキを指し簡単に家庭で作る事が出来るといった特徴があります。様々なアレンジ方法がある事でオリジナリティのある物やカロリーを抑える事が出来る事で人気となっています。

recommend

リネン生地の販売
http://www.cotton-chack.com/

2017/3/2 更新


>>上部へ<<